9月からの似顔絵

9月からは宇田川のり子さんの似顔絵を展示させていただきます。

IMG_4185

 

このお名前を知らない人は似顔絵界ではモグリです(笑)
週刊朝日「山藤章二の似顔絵塾」開講初期からの塾生(第3期特待生)で、
シンプルなのにそっくり、かつ洗練されてるのに面白い作風は、
何度塾長や読者をうならせてきたことか。
現在も東京を拠点にイラストレーターとして似顔絵講師として大活躍中です。
ぜひ、ゲージツの秋、ウダガワールドをご堪能してください。
(か)

豊橋名物 内藤勳さん御一行

naitou_1naitou_2

週刊朝日山藤章二の似顔絵塾生

内藤勲さんご夫婦と似顔絵教室の生徒さんが来てくれました。

噂では聞いてましたが、どうやらホントに似顔絵の先生をやってるらしい。

お話によると

褒めて伸びる人、叱って伸びる人、何にもしなくても先生より上手い人…

いろいろあるそうです。

絵だけじゃなく、きっと教え方も上手いのでしょうね。

みなさんの楽しそうな似顔絵談義からそう感じました。

現在展示中の籾山浩一さんの作品の前では

みなさん特に感心していました。

ありがとうございました。

 

(か)

かつてのかき氷

かき氷

 

7月15日(土)より、夏季メニュー「かき氷」はじめます!

かつてのかき氷のメニューは、以下の通り。

● イチゴ・みぞれ

● イチゴミルク・ミルク

● 塩レモン(プレミアムな大人味。)

● 宇治金時・宇治ミルク

● 宇治ミルク金時

 

イラストのように実際手削り、ではないのですが…

飛騨の水を使用した、ふんわりとした氷です。

暑くなってきたこの季節、一休みのおともにいかがでしょうか。

 

明日から三連休、みなさまのご来店お待ちしております。

(あ)

テレビ取材

先日、中京テレビさんの取材を受けました。

最近は、白いパフェ「雪どけ」がとりあげられることが多いです。

通年メニューとなって3年ほどたちますが、

和風パフェ「あまがさね」と並んで少しずつ、注文も増えてきました。

 

ここで、改めてこのパフェについて説明を…。

その名の通り、

高山にしんしんとつもる雪をイメージした、真っ白なスイーツです。

生クリームは街をすっぽりと覆う、真っさらな新雪

ジュレはキラキラと光る微氷のように

塩せんべいは割って楽しい板氷

ですが一番の醍醐味は、

甘酒をかけたときに鳴る、

「パチパチパチパチ…」という静かな音なんです。

氷が少しづつ、溶けていくような音に

春を待ち望む。

これが、雪どけのはじまりでした。

 

…と、長くなってしまいましたが。

 

そんな「雪どけ」を、存分に味わっていただいた

アナウンサーの市野瀬瞳さん。

元気で快活な姿に、

雪も一瞬で解けちゃうようなパワーをいただきました!

ありがとうございました。

放映を楽しみにさせていただきます。

中京取材

※放映日は7月11日(火)〜中京テレビ「キャッチ!」午後3時50分〜より

(あ)

小庭

タガソデソウ

 

うら庭に、山野草の小山をつくって一年。

たくさん芽をだしてくれました。

いま、花盛りなのは「誰が袖草(タガソデソウ)」です。

「誰が袖」とは「匂い袋」のことだそうで、

奥ゆかしい名前にうっとりです。

この「誰が袖草」、しばらく、喫茶にも飾ります。

よかったら、探してみてください。

(き)