ちいさい春、みつけた!

nekoyanagi

昨日からの暖かさのおかげでしょうか?

冬の間、固い蕾だった長目猫柳が

今朝はふわふわの真っ白な毛に包まれ、その芽を覗かせてくれました。

寒い冬も好きですが、今年は充分に見ましたから、

春が待ち通しく感じられます。

春見つけ始めます(^^)

(き)

 

2017年 今年も宜しくお願いいたします

明けましておめでとうございます。

今年最初の似顔絵展示は

週刊朝日似顔絵塾特待生の橋本憲一郎さんの作品です。

どんなモデルでもキャラクター化してしまうのが特徴です。

 

そっくりだから安心します。

明るいから楽しくなります。

可愛らしいから憎めません。

 

往々にしてこの似顔絵塾は

肖像権侵害ギリギリを突く作品が多い中、

橋本憲一郎さんの絵は正反対。

 

不利益になるどころか

逆にイメージアップになってしまうのです。

 

どんな人もこの人の技にかかれば

「感じのいい人」になってしまうのです。

 

・お店の顔に

・イベントの販促ツールに

・名刺代わりに

・結婚式に

・遺影?に…最適です。イェイ!

 

スイートな似顔絵とスイーツな時間を

お楽しみください。

(克)

 

本年度も、どうぞ宜しくお願いいたします。

夜の雑貨市。

img_2519

夜の雑貨市、冷え込みも厳しい中たくさんの方々にお越しいただき、

どうもありがとうございました。

古い町並ライトアップの協賛で、かつても初めて夜にお店を開けさせていただきました。

「いつもとは違ったスタイルで思い切り遊んでみよう」といった試みでしたが、

いろいろ反省点も…。

物販のみでの営業、という難しさを知りました。

しかし普段の喫茶とは違い、お客様さまとの距離も近く、いろいろとお話ができたことは

すごく良い時間となりました。

今回の雑貨市に引き続き、

他店では販売していないオリジナル商品は、

相変わらず販売(挑戦?)していきたいと思います。

またぜひ、お立ち寄りください。

この度は、どうもありがとうございました。

(あ)

12月16日(金)・17日(土)は夜営業いたします。

 

 

yoichi

 

第10回  飛騨高山 古い町並提灯ライトアップイベント期間中、

雑貨市を開催いたします。

・手織りストール

・手編みの帽子やバッグ

・お正月のしめ縄飾り

・フェルトアクセサリー

・山野草

など。

 

あたたかいお飲み物は

・ブレンドコーヒー

・生姜紅茶

をご用意しております。

(通常メニューは注文していただけませんのでご了承ください。)

 

今回初めて夜に営業いたします。

普段は賑わしい通りなので、一味違った雰囲気で楽しんでいただけると思います。

私たちも、この夜を楽しみたいと思います。

ぜひお越しくださいませ。

(あ)

 

支度の支度

yasai

babasama

私は、支度する。ということが好きです。

旅支度、冬支度、老いじたく

いつも、やりすぎで注意されます。

今年の支度は、ゆっくりしようと思ってましたが、野菜の山を見ると、漬物を漬けたくなります。

飛騨に生まれた女の性でしょうか。

切り漬け、丸漬け、しな漬け…

下手なんですけどね。たぶん。

それにしても、今年もあと少し。

暮れ支度、迎春支度。せわしい。

 

かつてオリジナル商品「朝一ばばさま」

(き)

冬支度

%e3%82%a6%e3%83%a1%e3%83%a2%e3%83%89%e3%82%ad
今年は秋らしい日も少なく、もう初冬の気配です。
いつの間にかコオロギの鳴き声も絶え、雪虫がポンポンを尾に付け、飛んでいます。
今朝、実がたわわになったツルウメモドキでリースを作りました。
お店も、そろそろ冬支度です。
ぜんざい、ほうじ茶ミルク、甘酒で、          ぽっ!
(き)

小河原智子さん来高

似顔絵師の小河原智子さん・星の子プロダクションの秋久さんが来高され、

かつてに遊びにいらしてくださいました。

小河原さんは今まで東京・葛飾のイラスト展でお会いすることしかなかったですが、

今回は念願叶い、飛騨高山に来ていただけることに。

先日まで美濃和紙の里会館で行われてました小河原さんの個展、「Washiのカオ」

実は私たちも先月、美濃へ行き楽しませていただきました。

ズラリと並ぶ、圧倒的な似顔絵の数にまず、驚き、

カオひとつ描くのにもその表現技法の豊かさに、

デザインをしている者として身が引きしまる思いでした。

わたしはデザインをしますが、似顔絵を描くことはできません。

こればかりは、特殊能力がなければ無理だ、、と最初から諦めています。

デザインと違い、似顔絵がスゴイと思うのは、

一瞬で人々を笑顔にすることができることです。

本当に素敵だな…と思います。

お会いした小河原さんは、穏やかで、とても笑顔がチャーミングな方でした。

さらにわたしの父と母の似顔絵をプレゼントしていただき、談笑絶えない和やかな時間でした。

今回は遠方よりお越しくださいまして、どうもありがとうございました。

お会いできましたことを一同、心よりうれしく思います。

 

追伸:秋久さんの描かれた似顔絵、今回のが一番お気に入り、だそうです。

 

(あ)